武田研を考えている方はこちら

日本語 | 
English ]


活動紹介                                            
本研究グループのミッションは、信号処理理論に立脚して、人間と人間をとりまくさまざまな環境とのインタラクションを計測・分析・理解・モデル化し、新しい技術と価値を創造することです。   

最近のゼミ内容

  • Taichi Goto, "Lane Change Prediction using Omnidirectional Image" 本研究では,深層学習に基づき車線変更を予測することを目的とする.既存の研究で,車線変更と周辺車両情報には関連があることが示されているが,前方以外に存在する車両の特徴量化についてはあまり議論がされていない.そこで,全方位画像を用いることで上記の問題を解決すること試み,ボトルネック構造をもつCNNによって特徴量化を行った.車線変更の予測実験を行った結果,全方位映像による予測は困難であることが示された.今後は,3DCNNを用いて,入力画像間の変化に基づく特徴量化を検討している.
    投稿: 2016/12/21 18:30、後藤太一
  • Yuya Takenaka, ''Error Minimization Learning of HSMM in Score Alinment" 本研究では,自動伴奏を想定した50ms以下での楽譜アライメント精度の向上を目的とし,楽譜アライメントモデルのパラメータの最適化を行う.具体的にはWuらによるHMMの誤差最小化学習を,HSMMに拡張することによってこれを実現する.RWC研究用音楽データベースを用いて実験を行った結果,更新を行うごとにより短い時間での誤差許容範囲において性能が向上することが確認された.今後の課題として,更なるアライメント制度の確認が挙げられる.
    投稿: 2016/12/21 18:25、後藤太一
  • Tu Chenxi, "Continuous Point Cloud Data Compression Method based on SLAM" 本研究では,SLAMに基づくポイントクラウドデータの圧縮手法について提案の行う.SLAMとは自己位置推定と環境地図作成を同時に行う手法であり,提案手法ではこSLAMより将来の画像を予測し,その差分を活用することで圧縮を行う.実験にて評価を行った結果,既存手法であるMPEGやJPEGよりも高い圧縮性能を示すことが示された.今後は,以前に提案した手法との比較をおこなっていく.
    投稿: 2016/12/21 18:14、後藤太一
1 - 3 / 88 件の投稿を表示中 もっと見る »

Information                                           
  • ITSC 2016 Best Paper Award M2のTuがITSC2016のBest Paper Awardを受賞しました。
    投稿: 2016/12/28 21:26、Administrator Server
  • 第20回東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会総合一位 8/6に第20回東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会においてM2の関が総合一位を受賞しました.
    投稿: 2016/10/18 2:08、後藤太一
  • あいち発!大学生ITS研究ライブ M2の坪井が「あいち発!大学生ITS研究ライブ」で発表を行いました.
    投稿: 2015/12/03 1:48、masayuki tsuboi
  • 東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会総合3位 7/25にM2の坪井が第19回東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会において総合3位を受賞しました.
    投稿: 2015/07/27 18:06、masayuki tsuboi
  • 東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会質疑応答賞 7/25にM2の林が第19回東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会において質疑応答賞を受賞しました.
    投稿: 2015/07/27 18:04、masayuki tsuboi
1 - 5 / 32 件の投稿を表示中 もっと見る »
 

リンク                                              

http://www.gvm.nagoya-u.ac.jp/ http://hdwlab.co.jp/index.php?page=top