武田研を考えている方はこちら

日本語 | 
English ]


活動紹介                                            
本研究グループのミッションは、信号処理理論に立脚して、人間と人間をとりまくさまざまな環境とのインタラクションを計測・分析・理解・モデル化し、新しい技術と価値を創造することです。   

最近のゼミ内容

  • Koichi Miyazaki, "Dataset Enlargement using Noise Convolution in Sound Event Detection" 本稿では,音響イベント検出における雑音重畳によるデータセット拡張の有効性の調査を行った.具体的には,NOISEX-92やChiME4などの雑音データセットを学習データに重畳し,認識手法は林らのBLSTM-RNN, BLSTM-HSMMを用いた.実験の結果,学習データセットの拡張を行ったことで性能が向上することが確認された.今後は,異なる認識手法や音響イベント検出に対する新たな特徴量について調査を行う.
    投稿: 2017/02/05 20:15、後藤太一
  • Naren Bao, "Analysis Individual Differences in the Importance of the Various Features" 本稿では,各個人が車線変更シーンに対するリスク感に影響を及ぼす要因についてランダムフォレストを用いて分析を行った.調査する要因は,ドライバの行動(アクセル・ブレーキ踏力),車両状態(速度,各軸方向の加速度),周辺車情報(各車両のTTCやTHW)などである.実験を行った結果,全体的に速度,強いブレーキ,縦軸方向の加速度などが危険度に影響を与えていることが確認された.一方で,道路の曲率については個人毎に異なる影響度合いが異なることが示された.今後は,これらの要因がどのように危険度に影響を与えているのか調査を行う.
    投稿: 2017/02/05 20:05、後藤太一
  • Daiki Hayashi, "Analysis of Visibility Action by Driving Instructor in Intersection" 交差点におけるドライバの運転行動をモデル化することを目的とし,本稿では交差点の形状や一時停止標識の有無といったパラメータの有無によってドライバの運転行動に違いが生じることを確認した.市街地走行による実験を行った結果,特に視行動について,三叉路においては正面を見ている割合が高く,また四差路においては一時停止標識の有無によって左右確認を行うタイミングが異なることが確認された.今後の課題として,見通しの悪さやカーブミラーの有無などのパラメータに対する影響の調査が挙げられる.
    投稿: 2017/02/05 19:51、後藤太一
1 - 3 / 98 件の投稿を表示中 もっと見る »

Information                                           
  • ITSC 2016 Best Paper Award M2のTuがITSC2016のBest Paper Awardを受賞しました。
    投稿: 2016/12/28 21:26、Administrator Server
  • 第20回東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会総合一位 8/6に第20回東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会においてM2の関が総合一位を受賞しました.
    投稿: 2016/10/18 2:08、後藤太一
  • あいち発!大学生ITS研究ライブ M2の坪井が「あいち発!大学生ITS研究ライブ」で発表を行いました.
    投稿: 2015/12/03 1:48、masayuki tsuboi
  • 東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会総合3位 7/25にM2の坪井が第19回東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会において総合3位を受賞しました.
    投稿: 2015/07/27 18:06、masayuki tsuboi
  • 東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会質疑応答賞 7/25にM2の林が第19回東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会において質疑応答賞を受賞しました.
    投稿: 2015/07/27 18:04、masayuki tsuboi
1 - 5 / 32 件の投稿を表示中 もっと見る »
 

リンク                                              

http://www.gvm.nagoya-u.ac.jp/ http://hdwlab.co.jp/index.php?page=top