日本語 | English ]
本研究グループのミッションは、信号処理理論に立脚して、人間と人間をとりまくさまざまな環境とのインタラクションを計測・分析・理解・モデル化し、新しい技術と価値を創造することです。   
  • 音響学会 秋季研究発表会 2014 学生優秀発表賞 M1の林が音響学会 秋季研究発表会 2014 学生優秀発表賞を受賞しました.
    投稿: 2015/03/19 20:36、林知樹
  • 音響学会 春季研究発表会 2015 音響学会春季研究発表会2015(3/16-18 中央大学)に武田・北岡・西田・D2の陳・D1の三好・M2の大谷・川合・M1の林・鈴木・足立が参加しました.
    投稿: 2015/03/19 20:38、林知樹
  • NCSP 2015 Student Paper Award M2の窄山がNCSP 2015のStudent Paper Awardを受賞しました。
    投稿: 2015/03/19 20:30、林知樹
  • NCSP 2015 M2窄山・出木浦(大西研)が,NCSP'15(Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2015, Kuala Lumpur, Malaysia, 2/27-3/2)にて発表を行いました.
    投稿: 2015/03/04 18:33、窄山勝也
  • 名古屋大学リーディング大学院プログラム合同シンポジウム 12月3日に行われた、リーディング大学院プログラムのシンポジウムで、M1の鈴木が実行委員を務めました。
    投稿: 2014/12/15 3:10、窄山勝也
  • APSIPA 2014 武田・北岡・西田・林が,APSIPA2014(Asia Pacific Signal and Information Processing Association, 12/9-12/13)に参加しました.
    投稿: 2014/12/14 22:26、林知樹
  • Talk by prof. Zhao Prof. Zhao from Beijing University visited us and gave the lecture ''Towards an Omni-directional Sensing and Reasoning in Real World Environment'
    投稿: 2014/08/05 3:36、Kazuya Takeda
  • STM 2014 Panel Talk, Prof. Takeda sit on the pannel discussion on 'Estimation Challenge in Big Data' at STM2014 (2014 International Workshop on Spatial and Temporal Modeling from Statistical Machine Learing and Engineering Perspectives)武田が、STM2014 (International Workshop on Spatial and Temporal Modeling from Statistical Machine Learing and Engineering Perspectives) のパネルセッションに参加しました。
    投稿: 2014/07/30 7:21、Kazuya Takeda
  • Plenary Talk @ Internet ITS Consortium 武田がインターネットITS協議会の総会で、基調講演「Data Centric ITS」を行いました。Prof. Takeda gave plenary talk "Data Centric ITS" at the regular congress of the Internet ITS Consortium (July 10, 2014)
    投稿: 2014/07/10 6:41、Kazuya Takeda
  • First Workshop on Naturalistic Driving Data Analysis @ IV2014 [Workshop Page]IEEE ITSS Intelligent Vehicle Symposium の併設ワークショップ「First Workshop on Naturalistic Driving Data Analysis」で招待講演(Behavior Signal Processing for Naturalistic Driving Study)を行いました。 (June 8, 2014,) Invited Lecture on Behavior Signal Processing for the Naturalistic Driving Study by Prof. Takeda on June 8, 2014.
    投稿: 2014/07/10 6:36、Kazuya Takeda
  • NCSP'14 Student Paper Award M2の森がNCSP'14のStudent Paper Awardを受賞しました。Mori won Student Paper Award at NCSP'14.
    投稿: 2014/03/24 19:27、森真貴
  • Visit (Dr. Hisao-Wuen Hon, Director MSRA, Prof. Ikeuchi, the University of Tokyo, Mr. Kuno, MSRA) マイクロソフトリサーチアジア(MSRA)の 洪所長、東大の池内教授らが研究室を訪問され運転信号の情報処理などについて、情報交換を行いました。Dr. Hisa-Wuen Hon, Director of Microsoft Research Asia and prof. Ikeuch, the University of Tokyo visited our lab.  
    投稿: 2014/02/20 16:52、Kazuya Takeda
  • Interview about leading program 博士課程教育リーディングプログラムの広報の一環として,武田先生がTV局の取材を受けてました.プロモーションVTRのひとコマとして使われるようです.Our boss got an interview to advertise a program for Leading Graduate School in Nagoya University.
    投稿: 2014/01/25 18:18、森真貴
  • Our boss on posters in subway stations 武田先生が名古屋駅,本山駅,名古屋大学駅など地下鉄各駅に出現しました.先生がプログラムコーディネーターを務める博士課程教育リーディングプログラムのポスターです.駅をご利用の際にはぜひごらんになってください.There are posters with our boss in Nagoya, Motoyama, Nagoya-university etc. subway stations.They are ads of Program for Leading Graduate Schools in Nagoya University.Please find them when visiting the stations.
    投稿: 2014/01/24 22:04、Kazuya Takeda
  • [Press] Autonomous Driving FOT ZMP社と共同で、公道上の自動運転を実施することを報道発表しました。この実験は、加藤真平准教授が中心となって、CRESTプロジェクトの一環として実施するものです。ZMP INC. announced their plan to perform  the field operational test of the autonomous driving technology in Nagoya and Tokyo area.ZMP社実験車両 
    投稿: 2014/01/14 7:11、Kazuya Takeda
  • [ASJ-Tokai] Outstanding Presentation Awards 本研究室M2の川岸,森が,8月に行われた東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会の優秀発表賞を受賞しました. 川岸基成, "合唱における歌声引き込みモデルに基づく歌唱のF0制御" 森真貴, "視線と運転操作の統合モデルに基づく運転の安全性評価" Kawagishi and Mori won outstanding presentation awards of interim presentation competiton for master thesis among acoustic-related laboratories in Tokai area.
    投稿: 2014/01/14 6:23、森真貴
  • Springer Book, Smart Mobile In-Vehicle Systems Springer 社から Smart Mobile In-Vehicle Systems が出版されました。2011年にキールで行った DSP in-vehicle workshop の内容を中心にまとめたもので、Li君の研究成果が章として採録されています。A new book. Smart Mobile In-Vehicle Systems, has been published from Springer. Prof. Takeda contributed as an editor of the book. The book consists of selected articles from the  presentions in the DSP in-vehicle workshop at Kiel, 2011. The work presented by Li is included as a chapter. 
    投稿: 2014/01/13 5:37、Kazuya Takeda
  • JSPS Core-to-core program symposium (Hanoi) 10月24日から27日、JSPS core-to-core プログラムのシンポジウムで、ハノイ工科大学で運転行動信号処理に関する講演を行いました。シンポジウムにはD2の川渕君、M2の森君も参加し、ハノイ工科大学(ベトナム)、チュラロンコン大学(タイ)の学生と交流しました。On October 26, Prof. Takeda presented a talk on driver behavior signal processing in the joint symposium on core-to-core program among Green Mobility Research Center at Nagoya University, Hanoi University of Science and Technology and Chulalongkorn University. Mori and Kawabuchi also participated in the symposium and presented their works.
    投稿: 2014/01/12 0:37、Kazuya Takeda
  • FAST-zero'13 (symposium) 9月22日から26日、国際会議 FAST-zero'13 (Second International Symposium on Future Active Safety Technology Toward zero traffic accident) を名古屋大学で開催しました。9か国から85編の論文が発表され、200人を上回る参加者があり、成功裡に会議を終えることができました。会議では宮島先生の発表が Best Paper Award を受賞しました。Septemeber 22-26: The Second International Symposium on Future Active Safety Technology Toward zero traffic accident (FAST-zero'13) has been held at Nagoya University. 85 technical papers from 9 countries were presented in the symposium. Over 200 researchers, engineers and students participated the symposium. Assitant Prof. Chiyomi Miyajima won the best paper award of the symposium. Technical Exhibition of ADAS systems.ReceptionPlenary talks
    投稿: 2014/01/11 23:57、Kazuya Takeda
  • Aichi ITS-World 2013年12月12日(木)~15日(日)の4日間,第18回名古屋モーターショー同時開催の第5回あいちITSワールドにて、データ収集用の実験車両(エスティマハイブリッド)、およびスマートフォンとCANを用いた運転データ記録&運転アドバイスシステムを展示し、武田研における運転支援に関する研究について、ポスターとビデオで紹介しました。また,12月12日(木)のステージイベントITS討論会では,M2の森君が、展示ブースの出展内容についてアピールし、愛知県ITS協議会の方々と議論をしました。またCRESTプロジェクトで共同研究をしている、加藤真平先生らのグループによる自動運転のデモも行われました。In the fifth ITS AICHI world, we exhibit out data collection van and driving behavior collection module using CAN signal. On December 12, Mori-kun presented his work at the stage-event. 
    投稿: 2014/01/13 4:56、Kazuya Takeda
1 - 20 / 24 件の投稿を表示中 もっと見る »