武田研を考えている方はこちら

日本語 | 
English ]


活動紹介                                            
本研究グループのミッションは、信号処理理論に立脚して、人間と人間をとりまくさまざまな環境とのインタラクションを計測・分析・理解・モデル化し、新しい技術と価値を創造することです。   

最近のゼミ内容

  • Kosuke Ito, "Improvement of Touch Panel Operation in Vehicles" 本研究では、タッチパネルのボタンなどの当たり判定を制御することで、車内でのタッチパネルの正確な操作を実現することを目指す。実験では、運転中の車両内において、指のずれがどれ程あるのかを調査した。結果、誤操作時の指の動きに速度の変化が顕著であったが、ずれる方向や幅がケースごとに異なった。今後は実験結果を元に操作性を改善したシステムを試作する。
    投稿: 2018/04/22 3:27、Yuan Sheng
  • Yuan Sheng, "Driver’s Risk Feeling Estimation Based on Recurrent Neural Network" 本稿では、LSTMを利用し、運転環境情報を用いたドライバ危険感の推定を行った。実験結果、周辺運転環境情報を時系列データとして扱うことで、より良い推定精度が確認された。今後の課題として、ハイパーパラメータの最適化やCNNによる特徴抽出などが挙げられる。
    投稿: 2018/04/22 2:35、Yuan Sheng
  • Hiromi Morita, "Morphing of Face Photograph Using Image Processing" 本研究は、音楽に合わせて顔の表情を自然に変化させることを目指す。今回は、顔形状パラメータを操作し、顔写真のモ-フィングを実装した。今後は、顔形状パラメータを操作して顔の表情を変える。
    投稿: 2018/04/22 2:20、Yuan Sheng
1 - 3 / 119 件の投稿を表示中 もっと見る »

Information                                           
1 - 5 / 38 件の投稿を表示中 もっと見る »
 

リンク                                              

http://www.gvm.nagoya-u.ac.jp/ http://hdwlab.co.jp/index.php?page=top