武田研を考えている方はこちら

日本語 | 
English ]


活動紹介                                            
本研究グループのミッションは、信号処理理論に立脚して、人間と人間をとりまくさまざまな環境とのインタラクションを計測・分析・理解・モデル化し、新しい技術と価値を創造することです。   

最近のゼミ内容

  • Taichi Goto, "Prediction of Lane Change Behavior Using RNN" 今回はRNNによる車線変更判断モデルについての評価実験を行った.結果として,右車線変更におけるRNNの有効性が確認されたほか,運転信号は車線変更の予測には不適当であるということが判明した.今後は,実験内容をより実際のアプリケーションを考慮したものにするほか,特徴量や学習法の見直しにより予測性能を向上させる予定である.
    投稿: 2016/06/12 20:36、後藤太一
  • Yuan Sheng, "Prediction of Driver's Risk Feeling Based on Neural Network" 今回は,ニューラルネットワークを用いてドライバのリスク感を推定する実験を行った.結果として,大半のドライバは障害物と自社速度を基にリスク感を決定することが判明した.今後は,前方映像を直接入力として利用することを方針とし,CNNによる特徴量抽出とRNNによるリスク間の推定を行っていく.
    投稿: 2016/06/07 22:24、後藤太一
  • Koichi Miyazaki, "Research on sound event detection for sound scene understanding" 今回は音響イベント検出の現状と課題について発表を行った.音響イベント検出とはあらかじめ定義された環境音や非音声言語(足音,鳥の鳴き声など)を検出するタスクであり,検出率は学習データ数に大きく依存すること,複数イベントの同時検出は困難であることが判明した.今後は,DCASE2016ーTask3に挑戦をしていく.
    投稿: 2016/06/07 22:19、後藤太一
1 - 3 / 57 件の投稿を表示中 もっと見る »

Information                                           
  • あいち発!大学生ITS研究ライブ M2の坪井が「あいち発!大学生ITS研究ライブ」で発表を行いました.
    投稿: 2015/12/03 1:48、masayuki tsuboi
  • 東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会総合3位 7/25にM2の坪井が第19回東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会において総合3位を受賞しました.
    投稿: 2015/07/27 18:06、masayuki tsuboi
  • 東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会質疑応答賞 7/25にM2の林が第19回東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会において質疑応答賞を受賞しました.
    投稿: 2015/07/27 18:04、masayuki tsuboi
  • メディア科学専攻修士中間発表会最優秀賞 4/9にM2の鈴木がメディア科学専攻修士中間発表会教員の選ぶ最優秀賞を受賞しました.
    投稿: 2015/06/07 17:09、masayuki tsuboi
  • 電子情報通信学会東海支部 学生研究奨励賞 6/3にD1大谷が,平成26年度 電子情報通信学会東海支部 学生研究奨励賞を受賞しました.
    投稿: 2015/06/07 4:20、masayuki tsuboi
1 - 5 / 30 件の投稿を表示中 もっと見る »
 

リンク                                              

http://www.gvm.nagoya-u.ac.jp/ http://hdwlab.co.jp/index.php?page=top