武田研を考えている方はこちら

日本語 | 
English ]


活動紹介                                            
本研究グループのミッションは、信号処理理論に立脚して、人間と人間をとりまくさまざまな環境とのインタラクションを計測・分析・理解・モデル化し、新しい技術と価値を創造することです。   

最近のゼミ内容

  • Tomohiro Takeyama, "Improvement of Speech Intelligibility based on Statistical Voice Conversion in Noisy Environment" 本発表では,雑音環境下において通常音声からロンバート音声へ変換する手法の比較検討について報告を行った差分スペクトラル包絡に基づく差分VC,DRCなどの手法を実装し実験を行った結果,差分VCによる変換音声はロンバート音声に近い聞こえ具合であったが,DRCによる変換音声は通常音声の聞こえやすさとほとんど変わらないということが判明した.今後は従来手法SSDRCと比較を行うほか,了解度の評価手法の調査などを行っていく.
    投稿: 2016/12/04 19:12、後藤太一
  • Kento Ohtani, "stereo music sound source enhancement.based on the selection of optimal linear filter" In this report, he verify effectiveness of prepare several Wiener filters in advance in audio source separation.Experiment using 100 music shows that separate drums signals are not good and ...
    投稿: 2016/11/28 18:54、後藤太一
  • Bohan Chen, "Recurrent neural network encoder-decoder model adaptation for text paraphrase" In this report,  he does adaption approach to RNN encoder-decoder translation system for the purpose of resolving lack of big parallel data.Experiment using Shakespeare corpus  show that self ...
    投稿: 2016/11/28 18:37、後藤太一
1 - 3 / 79 件の投稿を表示中 もっと見る »

Information                                           
  • 第20回東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会総合一位 8/6に第20回東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会においてM2の関が総合一位を受賞しました.
    投稿: 2016/10/18 2:08、後藤太一
  • あいち発!大学生ITS研究ライブ M2の坪井が「あいち発!大学生ITS研究ライブ」で発表を行いました.
    投稿: 2015/12/03 1:48、masayuki tsuboi
  • 東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会総合3位 7/25にM2の坪井が第19回東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会において総合3位を受賞しました.
    投稿: 2015/07/27 18:06、masayuki tsuboi
  • 東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会質疑応答賞 7/25にM2の林が第19回東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会において質疑応答賞を受賞しました.
    投稿: 2015/07/27 18:04、masayuki tsuboi
  • メディア科学専攻修士中間発表会最優秀賞 4/9にM2の鈴木がメディア科学専攻修士中間発表会教員の選ぶ最優秀賞を受賞しました.
    投稿: 2015/06/07 17:09、masayuki tsuboi
1 - 5 / 31 件の投稿を表示中 もっと見る »
 

リンク                                              

http://www.gvm.nagoya-u.ac.jp/ http://hdwlab.co.jp/index.php?page=top