Yusuke Sakai, "The survey for relationship between emotion and heart rate"

2016/10/18 1:54 に 後藤太一 が投稿

本研究では,感情を可視化することを目的とする.
これは,人と対話的にタスクをこなすシステムが増加していること,
また人同士においても感情の伝達が上手くできない場面が多々あることを背景としている.
今回は生体信号と感情の関連性を調査することを目的とし,映画の鑑賞による予備実験を行った.
被験者には映画を鑑賞してもらい,5分に一度ラッセルの円環に基づく感情状態をスマホやPCを用いて申告してもらう.
同時に収録した心拍数を用いて,3名の被験者によるHMMを用いた感情識別実験を行った結果,27,3%の識別率が得られた.
今後は,関連研究の調査を引き続き進めるとともに,より多くの生体信号を取るキットを導入した実験を行う予定である.

Comments