Yusuke Sakai, "Study related to Emotion Recognition in Daily Life using Multimodal Biosignal and Machine Learning"

2017/01/29 18:52 に 後藤太一 が投稿

本研究では,感情認識の手法の中でも日常的に得ることが可能となりうる生体信号に着目をし,生体信号を用いて感情認識を行うことを目標とする.
今回は,生体信号の中でも感情との相関が示されている,心電図と筋電図に着目をした.
両指標について時間領域および周波数領域における特徴量を抽出し,喜怒哀楽,4分類の感情認識実験を行った結果,
心電図のみを用いた場合は51.25%,両方用いた場合は46.25%の認識率が得られた.
筋電図を使用すると下がった原因として,皮膚の分泌物により電極が剥がれ,波形が乱れてしまったことが考察される.
今後は,さらに呼吸に基づく特徴量などの使用を検討していく.
Comments