Shogo Seki, "Examination of Cepstrum Regularization Term"

2016/09/13 22:04 に 後藤太一 が投稿

本稿では,ブラインド音源分離を目的とした周波数独立ゲインNTFに対してケプストラム正則化項の導入を提案した.
MSDの楽曲による実験を行った結果,正則化項の導入により分離性能の改善が確認された.
しかしながら初期値依存性についての改善は確認されず,
初期値依存性緩和の検討を進めるほか,正則化パラメータの調整,異なる楽器パターンでの調査などが今後の課題としてあげられる.
Comments