Koichi Miyazaki,"Investigation on Conversion of Typical Onomatopoeic Expression"

2018/05/14 0:20 に Yuan Sheng が投稿


本稿では、擬音語表現の個人性の影響を調査し、多様な表現のなかにも許容されやすい表現が存在することを確認した。
またダブルチェックを行うことにより、恣意性を排除した代表的な擬音語セットを構築した。
今後の課題として、提案法による擬音語変換モデルを構築し、性能の検証を行う。
Comments