Kanji Toyama, "Visualization and Analysis of Sound Transmission at listener position"

2018/03/15 5:32 に 清谷竣也 が投稿


本稿では発話了解度を加味した指標を元に音の伝達度合いを可視化することを目指して, 卒業研究の振り返りと今後の研究計画を行った. 
研究計画では卒業研究で作成したシステムを実際の講義で使用して客観評価実験を行うことなどがあげられていた. 
今後は研究計画に沿って実験を行っていく. 
Comments