Hiromi Morita, "Additional Experiments on Interactive Method with High Confidentiality in Object Discovering"

2018/05/14 4:41 に Yuan Sheng が投稿


本研究では、複数の物体の中から任意の対象物体を、探している本人のみが発見できる手法を実現することを目的とする。
本稿では、前回発表したスクリーン上の仮想環境にて行った実験の追加実験、及び実環境にて行った実験の結果を報告した。
対象物の数が多く色情報の操作がない方が、第三者は目的対象物を発見しにくいことが確認できた。
さらに、最適な対象物の数の上限は100から500個程度だと結論付けられた。
今後は、目的対象物以外の対象物のランダムな変化に実装する。
Comments