Hayashi Daiki 「Analysis of Gaze Patterns on Lane Change Scenes Based on Influence of Surrounding Vehicle Information」

2016/01/24 21:04 に masayuki tsuboi が投稿   [ 2016/06/07 21:36 に 後藤太一 さんが更新しました ]
今回は高速道路の車線変更直前における自車両周辺8 領域のリスク値8 次元をt-SNE と呼ばれる次元圧縮手法を用
いて2 次元上で可視化し, GMM を用いてクラスタリングを行うことで, 周辺車両情報による車線変更シーンの分類を
行った. また, 分類された各クラスタにおける危険度の高い車線変更シーンと危険度の低い車線変更シーンの視行動を
比較したところ, クラスタごとに違いがあることが分かった.このことから周辺状況によって適切な視行動が異なり, 視行
動を評価するためには周辺状況も同時に考慮する必要があると考えられる.

Comments