発表文献‎ > ‎

2017

論文誌(Journal / Transaction papers)

  1. Kento Ohtani, Kenta Niwa, Kazuya Takeda,"A Single-Dimensional Interface for Arranging Multiple Audio Sources in Three-Dimensional Space," IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems (0.411), Vol.E100-D, No.10, pp. 2635-264, Oct., 2017

国際会議(International conference proceedings)

  1. Akira Tamamori,Tomoki Hayashi,Kazuhiro Kobayashi,Kazuya Takeda,Tomoki Toda,"Speaker-dependent WaveNet vocoder,"INTERSPEECH 2017, pp. 1118-1122, Aug., 2017
  2. Shogo Seki, Tomoki Toda, Kazuya Takeda,"Stereophonic Music Separation Based on Non-negative Tensor Factorization with Cepstrum Regularization," EUSIPCO2017, pp. 1011-1015, Aug., 2017
  3. Chenxi Tu, Eijiro Takeuchi, Chiyomi Miyajima, and Kazuya Takeda,"Prediction Method for .Continuous Point Cloud Data Compression Using SLAM Information," fast-zero, Sep., 2017
  4. Shogo Seki, Hirokazu Kameoka, Tomoki Toda, Kazuya Takeda,"Missing component restoration for masked speech signals based on time-domain spectrogram factorization," MLSP2017, Sep., 2017

国内大会・研究会(Japanese conference proceedings)

  1. 玉森聡,林 知樹,戸田 智基,武田 一哉,"音声生成過程を考慮したWaveNetに基づく音声波形合成法," 音声研究会, Vol.116, No.475, pp. 1-6, Mar., 2017
  2. 林知樹,渡部晋治,戸田智基,堀貴明,Jonathan Le Roux,武田一哉,"イベント区間検出統合型BLSTM-HMMハイブリッドモデルによる多重音響イベント検出,"日本音響学会2017年春季研究発表会,音講論, 2-5-5, pp. 45-46,Mar., 2017
  3. 武山知弘,小林和弘,田尻祐介,戸田智基,武田一哉,"統計的音声波形変換に基づく雑音環境下における音声了解度向上,"日本音響学会2017年春季研究発表会,音講論, 1-6-12, pp. 231-232,Mar., 2017
  4. 野田 聖太,林 知樹,戸田 智基,武田 一哉,"非可聴つぶやき認識のための通常音声を活用したDNN音響モデル学習,"日本音響学会2017年春季研究発表会,音講論, 1-Q-2, pp. 89-90,Mar., 2017
  5. 関翔悟,戸田智基,武田一哉,"ケプストラム距離正則化を用いた半教師ありステレオチャネル楽曲音源分離,音楽情報科学研究会,Vol. 2017-MUS-115, No. 18, pp. 1-6, Jun., 2017
  6. 野田聖太,林 知樹,戸田 智基,武田 一哉,"非可聴つぶやき認識のための深層学習に基づく音響モデリング,電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会,B2-1, 1 page, Sep., 2017
  7. 林知樹,渡部晋治,戸田智基,堀貴明,Jonathan Le Roux,武田一哉,"イベント継続長を明示的に制御したBLSTM-HSMMハイブリッドモデルによる多重音響イベント検出,応用音響研究会信学技報, vol. 117, no. 138, EA2017-2, pp. 9-14, Jul., 2017
  8. 林知樹,玉森聡,小林和弘,武田一哉,戸田智基,"WaveNet ボコーダ学習における複数話者音声データの利用に関する検討,日本音響学会2017年秋研究発表会,音講論, 2-Q-20, pp. 285-286, Sep., 2017
  9. 宮﨑晃一,林知樹,戸田智基,武田一哉,"CTCに基づく音響イベントから擬音語表現への変換,日本音響学会2017年秋研究発表会音講論, 1-10-7, pp. 19-20, Sep., 2017

受賞

  1. 2017年9月, 野田聖太, "実環境下における非可聴つぶやき認識のためのDNN音響モデリング," 第21回東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会  総合二位
  2. 2017年9月, 武山知弘, "雑音環境下における音声了解度向上に向けた音声加工," 第21回東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会         総合三位
  3. 2017年9月, 林大貴, "Predictive Neural Networkを用いた交差点における交通状況の分類," 第21回東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会    総合四位
  4. 2017年9月, 宮崎晃一, "CTCに基づく音響イベントから擬音語表現への変換," 第21回東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会             総合五位

学位論文(Bachelor's Thesis / Master's Thesis / Doctoral Dissertation)

  • 榮井優介,"マルチモーダル生体信号と機械学習を用いた日常生活感情認識の研究 ",名古屋大学工学部 卒業論文,2017年3月
  • 清谷峻也,"深層学習を用いた自動運転のための車両制御信号の生成 ",名古屋大学工学部 卒業論文,2017年3月
  • 都築紘平," 深層学習に基づくヒヤリハット検出",名古屋大学工学部 卒業論文,2017年3月
  • 遠山寛治," 発話明瞭度の可視化による講演支援システムの構築",名古屋大学工学部 卒業論文,2017年3月
  • 後藤太一," 深層学習に基づく車線変更の予測",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2017年3月
  • 関翔悟," 音源の音色情報を活用したステレオチャネル楽曲音源分離",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2017年3月
  • 竹中雄耶," 楽譜アライメントのための隠れセミマルコフモデルの誤差最小化学習",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2017年3月
  • 山村俊貴," 社内音像制御のための社内環境を高所した波面合成に関する研究",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2017年3月
  • Tu Chenxi," Compressing Continuous Point Cloud Data for 3D LIDAR Sensor",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2017年3月
Comments