発表文献‎ > ‎

2016


論文誌(Journal / Transaction papers)

レター・テクニカルノート(Letters / Technical notes)

国際会議(International conference proceedings)

国内大会・研究会(Japanese conference proceedings)

  1. Shogo Seki, Takanori Nishino, Tomoki Toda, and Kazuya Takeda, "Undetdetermined stereo channel source separation using nonnegative tensor factorization," 日本音響学会2016年春季研究発表会, pp. 717-720, Mar., 2016
  2. 大谷健登, 丹羽健太, 武田一哉, "事前知識を利用した楽曲音源分離技術の空間印象操作系への応用," 日本音響学会2016年春季研究発表会, pp. 1611-1614, Mar., 2016
  3. 鈴木友美, 西野隆典, 石黒祥生, 戸田智基, 武田一哉, "選択型傾聴システムのための音信号提示手法の検討 (Method of presenting sound signals for selective listening system)," 応用音響研究会(EA), EA2015-66, Mar., 2016

受賞

学位論文(Bachelor's Thesis / Master's Thesis / Doctoral Dissertation)

  • 鈴木健史,"非負値行列因子分解に基づく会議音声の分析 ",名古屋大学工学部 卒業論文,2016年3月
  • 野田聖太,"年代・性別情報を教示した深層学習に基づく音響モデル適応",名古屋大学工学部 卒業論文,2016年3月
  • 林大貴,"周辺環境の変化と視行動の同期性に着目した運転行動の評価",名古屋大学工学部 卒業論文,2016年3月
  • 足立悠輔,"加速度信号を用いた日常生活行動認識に関する研究",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2016年3月
  • 鈴木友美,"聴覚拡張システムのための マルチチャネル音声信号処理",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2016年3月
  • 坪井優幸,"点過程モデルに基づく瞬目を用いた感情状態推定",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2016年3月
  • 林知樹,"深層学習に基づく環境信号と動作信号を用いた 日常生活行動認識",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2016年3月
  • 山崎駿,"自車及び周辺車状況の記号化に基づく運転行動の分析",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2016年3月
  • 瀬川周平,"話者の感情状態に着目した対話システムにおける話題の転換・継続判定 ",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2016年3月
Comments