発表文献‎ > ‎

2010

論文誌(Journal / Transaction papers)

  1. 尾崎晃, 草川高志, 西脇由博, マルタルーカス, 宮島千代美, 西野隆典, 北岡教英, 伊藤克亘, 武田一哉, "自動車運転のマルチモーダル信号収録装置の開発," 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J93-D, No.10, pp. 2118-2128, Oct. 2010.
  2. Makoto SAKAI, Norihide KITAOKA, Kazuya TAKEDA, "Acoustic Feature Transformation Based on  Discriminant Analysis Preserving Local Structure for Speech Recognition Date of Evaluation", IEICE Trans. on Information & Systems, Vol.E93-D, No.5, pp.1244-1252, May 2010.
  3. 藤井康寿, 山本一公, 北岡教英, 中川聖一,  "重要文抽出に基づく講義音声の自動要約", 情報処理学会論文誌, Vol.51, No.3, pp.1094-1106, Mar. 2010.
  4. 西脇由博, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉, "確率的手法を用いた車線変更軌跡のモデル化", 情報処理学会論文誌, Vol.51, No.1, pp.131-140, Jan. 2010.
  5. Lucas Malta, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda, " Analysis of real-world driver's frustration", IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems, Vol. 12, Issue 1, pp109-118, Mar. 2010. 

レター・テクニカルノート(Letters / Technical notes)

  1. Makoto SAKAI, Norihide KITAOKA, and Kazuya TAKEDA, "Acoustic feature transformation combining average and maximum classification error minimization criteria," IEICE Trans. on Information & Systems, Vol.E93-D, No.7, pp.2005-2008, July 2010.
  2. Makoto SAKAI, Norihide KITAOKA, Yuya HATTORI, Seiichi NAKAGAWA, and Kazuya TAKEDA, "Evaluation of Combinational Use of Discriminant  Analysis-based Acoustic Feature Transformation and  Discriminative Training", IEICE Trans. on Information & Systems, Vol.E93-D, No.2, pp.395-398, Feb. 2010.

国際会議(International conference proceedings)

  1. Yuichi Kuroyanagi, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka and Kazuya Takeda, "Analysis and detection of potentially hazardous situations in real-world driving," 5th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC 2010), ICICIC2010-451, pp.621-626, Dec. 2010.
  2. Hiroaki Ishikawa, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka and Kazuya Takeda, "Detection of Distracted Driving Using a Bayesian Network", 5th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC 2010), ICICIC2010-452, pp.627-633, Dec. 2010.
  3. Satoshi Tamura, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Takeshi Yamada, Satoru Tsuge, Tetsuya Takiguchi, Kazumasa Yamamoto, Takanobu Nishiura, Masato Nakayama, Yuki Denda, Masakiyo Fujimoto, Shigeki Matsuda, Tetsuji Ogawa, Shingo Kuroiwa, Kazuya Takeda, and Satoshi Nakamura, "CENSREC-1-AV: An audio-visual corpus for noisy bimodal speech recognition," 2010 International Conference on Auditory and Visual Speech Processing (AVSP 2010), Sept.-Oct. 2010, (to appear).
  4.  Sunao Hara, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda, "Automatic detection of task-uncompleted dialog for spoken dialog system based on dialog act N-gram," Proc. INTERSPEECH 2010, pp.3034-3037, Sep, 2010.
  5. Yi Ren Leng, Huy Dat Tran, Norihide Kitaoka, Haizhou Li, "Selective Gammatone filterbank feature for robust sound event recognition," Proc. INTERSPEECH 2010, pp.2246-2249, Sep, 2010.
  6. Arata Ito, Sunao Hara, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda, "Rapid acoustic model adaptation using inverse MLLR-based feature generation," Proceedings of the 20th International Congress of Acoustics (ICA2010), paper 942, pp.1-6, Sydney, Australia, Aug. 2010.
  7. Yasuko Morimoto, Takanori Nishino and Kazuya Takeda, "Visualization and dereverberation of head-related transfer function based on spatio-temporal frequency analysis," Proceedings of the 20th International Congress on Acoustics (ICA2010), paper 189, pp.1-6, Sydney, Australia, Aug. 2010. 
  8. Sunao Hara, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda, "Estimation method of user satisfaction using N-gram-based dialog history model for spoken dialog system," LREC2010, pp. 78-83, May, 2010.
  9. Kotaro Ogino, Takatoshi Jitsuhiro, Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda, "ANALYZING GRASPING FOR INFERRING COGNITIVE STATES OF USERS", in Proc. of International Conference on Acoustic Speech and Signal Processing (ICASSP2010), pp.2230-2233, Mar. 2010.
  10. Motoki Ogasawara, Takanori Nishino, Kazuya Takeda, "A SMALL DODECAHEDRAL MICROPHONE ARRAY FOR BLIND SOURCE SEPARATION", in Proc. of International Conference on Acoustic Speech and Signal Processing (ICASSP2010), pp.229-232, Mar. 2010.

国内大会・研究会(Japanese conference proceedings)

  1. 伊藤新, 原直, 北岡教英, 武田一哉, "MLLR変換行列により制約された音響特徴量生成による頑健な音響モデル," 電子情報通信学会 技術研究報告(音声言語シンポジウム), SP2010-92, NLC2010-19, pp. 55-60, Dec. 2010.
  2. 大橋宏正, 北岡教英, 武田一哉, "雑談音声の常時認識による楽曲提案システム," 電子情報通信学会 技術研究報告, SP,PRMU,WIT pp. 59-64, Oct. 2010.
  3. 原直, 北岡教英, 武田一哉, "音声対話システムの発話系列N-gramを用いた課題未達成対話のオンライン検出", 日本音響学会2010年秋期研究発表会講演論文集, 1-Q-33, pp.199-200, Sept. 2010.
  4. 神谷泰平, 西野隆典, 武田一哉, "球形マイクロホンアレイを用いた時空間周波数解析による残響抑圧", 日本音響学会2010年秋期研究発表会講演論文集, 2-P-20, pp.693-694, Sept. 2010.
  5. 加古達也, 大石康智, 亀岡弘和, 永野秀尚, 柏野邦夫, 武田一哉, "相平面確率モデルを利用した歌唱・楽器演奏の基本周波数軌跡の分析", 日本音響学会2010年秋期研究発表会講演論文集, 3-P-29, pp.397-398, Sept. 2010.
  6. 畔柳雄一, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉, "実環境運転データにおける潜在危険状況の分析," 電気関係学会東海支部連合大会, E5-7, Aug. 2010.
  7. 石川博章, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉, "ベイジアンネットワークを用いた運転中の2 次タスク有無の推定," 電気関係学会東海支部連合大会, E4-7, Aug. 2010.
  8. 江崎知, 小笠原基, 丹羽健太, 西野隆典, 武田一哉, "両耳平均HRTFによる上昇角知覚," 電気関係学会東海支部連合大会, C1-3, Aug. 2010.
  9. 小笠原基, 西野隆典, 武田一哉, "正十二面体マイクロホンアレイを用いた実環境における音源信号分離の検討," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 110, no. 54, EA2010-12, pp. 67-72, May 2010.
  10. 田村哲嗣,宮島千代美,北岡教英,武田一哉,山田武志,滝口哲也,柘植覚,山本一公,西浦敬信,中山雅人,傳田遊亀,藤本雅清,松田繁樹,小川哲司,黒岩眞吾,中村哲, "CENSREC-1-AV: マルチモーダル音声認識コーパスの構築", 日本音響学会2010年春期研究発表会講演論文集, 1-Q-28, pp.219-220, Mar. 2010.
  11. 小笠原基, 西野隆典, 武田一哉, "多面体マイクロホンアレイを用いた実環境下における優決定ブラインド音源信号分離", 日本音響学会2010年春期研究発表会講演論文集, 2-P-7, pp.805-806, Mar. 2010.
  12. 伊藤新, 原直, 北岡教英, 武田一哉, "MLLR 変換行列により生成した音声特徴量に基づく高速モデル適応", 日本音響学会2010年春期研究発表会講演論文集, 2-Q-13, pp.267-270, Mar. 2010.
  13. 高橋量衛, 大石康智, 原直, 北岡教英, 武田一哉, "楽曲連想再生のための文書特徴量と音響特徴量の対応付け", 第4回音声ドキュメント処理ワークショップ(豊橋技術科学大学), Feb. 2010.
  14. 荻野恒太郎, 實廣貴敏, 宮島千代美, 武田一哉, "把持動作から認知状態を推定するための信号処理手法の検討," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 109, no. 374, PRMU2009-156, pp. 1-6, Jan. 2010.
  15. 天田英臣, 宮島千代美, 西野隆典, 北岡教英, 武田一哉, "交差点進入時の運転行動の推定," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 109, no. 374, PRMU2009-186, pp. 213-218, Jan. 2010.
  16. 内藤正志, 尾崎晃, 宮島千代美, 西野隆典, 北岡教英, 武田一哉, "時系列アクティブ探索法に基づく運転行動の類似検索," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 109, no. 374, PRMU2009-187, pp. 219-224 Jan. 2010.

著書

  1. 武田一哉,"新インターユニバーシティ 確率と確率過程",オーム社,ISBN 978-4-274-20930-7, Oct. 2010. [amazon.co.jp]

BOOK CHAPTERS

  1. Lucas Malta, Akira Ozaki, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda, "Use of on-road data in evaluating driver performance metrics," Performance Metrics for Assessing, Driver Distraction: The Quest for Improved Road Safety, G. L. Rupp ed., Chap.9, pp.149-166, SAE International, ISBN 978-0-7680-3496-7, Dec. 2010. [amazon.co.jp]
  2. Satoshi Tamura and Chiyomi Miyajima, "Multimodal Speech Corpora for Robust Japanese Speech Recognition in Noisy Environments," Computer Processing of Asian Spoken Languages, S. Itahashi and C.Y. Tseng eds., Sect.4.10, Americas Group Publications, U.S., ISBN 978-0935047721, Apr. 2010. [amazon.co.jp]
  3. Norihide Kitaoka, Satoshi Nakamura, "Evaluation frameworks for noisy speech recognition", Computer Processing of Asian Spoken Languages, S. Itahashi, C.Y. Tseng eds., Sect.5.1(3), Americas Group Publications, U.S., ISBN 978-0935047721, Apr. 2010. [amazon.co.jp]
  4. Norihide Kitaoka, Satoshi Nakamura, "Evaluation framworks for noisy speech", Computer Processing of Asian Spoken Languages, S. Itahashi and C.Y. Tseng eds., Sect.5.2(3), Americas Group Publications, U.S., ISBN 978-0935047721, Apr. 2010. [amazon.co.jp]

講演・小特集・記事など

  1. 河口信夫, 武田一哉, "人間行動理解のための信号処理," --学生/教養のページ--, 電子情報通信学会誌, vol.93, no.12, pp.1060-1062, Dec. 2010. [CiNii]
  2. 北岡教英, "音声認識におけるロバストネス," 小特集---自動音声認識研究 の動向と展望---, 日本音響学会誌 vol.66, no.1, pp. 23-27, Jan. 2010. [CiNii]

受賞

学位論文(Bachelor's Thesis / Master's Thesis / Doctoral Dissertation)

  • 石川 博章,"運転中の2次タスクの有無による.運転行動の違いのモデル化",名古屋大学工学部 卒業論文,2010年3月(2009年度; 平成21年度)
  • 江崎 知,"マルチスピーカによる立体音響再生システム",名古屋大学工学部 卒業論文,2010年3月(2009年度; 平成21年度)
  • 大橋 宏正,"話題に制限されたグラフ探索に基づく対話制御手法",名古屋大学工学部 卒業論文,2010年3月(2009年度; 平成21年度)
  • 戸本 千明,"歌唱履歴を用いた楽曲推薦",名古屋大学工学部 卒業論文,2010年3月(2009年度; 平成21年度)
  • 天田 英臣,"交通状況を考慮したドライバモデルに基づく運転リスク評価",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2010年3月(2009年度; 平成21年度)
  • 小笠原 基,"正十二面体マイクロホンアレイを用いた高性能ブラインド音源信号分離",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2010年3月(2009年度; 平成21年度)
  • 荻野 恒太郎,"把持ヤコビ行列と独立成分分析に基づいた把持動作からの認知状態の識別に関する研究",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2010年3月(2009年度; 平成21年度)
  • 内藤 充美,"自動車運転行動信号の圧縮手法に関する研究",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2010年3月(2009年度; 平成21年度)
  • 内藤 正志,"運転データ閲覧・検索システムの構築",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2010年3月(2009年度; 平成21年度)
  • 平賀 悠介,"楽曲間の主観的類似度と音響的類似度の関連づけに関する研究",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2010年3月(2009年度; 平成21年度)
  • 森本 泰子,"東部伝達関数の時空間周波数領域表現に関する研究",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2010年3月(2009年度; 平成21年度)
  • MALTA Lucas Rafael Pereira,"A Signal Processing Approach to the Analysis of Driver Behavior Under Critical Situations (信号統合に基づく運転行動のモデル化に関する研究)",名古屋大学大学院情報科学研究科 博士論文,工学博士,2010年3月
  • 西脇 由博,"統計的信号処理モデルに基づくドライバモデル",名古屋大学大学院情報科学研究科 博士論文,博士(情報科学),2010年3月
  • 坂井 誠(Sakai Makoto), "Acoustic feature transformation based on generalized criteria for speech recognition," 名古屋大学大学院情報科学研究科 博士論文,博士(情報科学),2010年9月