発表文献‎ > ‎

2009

論文誌(Journal / Transaction papers)

  1. Lucas Malta, Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda, "A Study of Driver Behavior Under Potential Threats in Vehicle Traffic, " IEEE Trans. on ITS, vol.10, no.2, pp.201-210, June 2009.
  2. Kenta NIWA, Takanori NISHINO, Kazuya Takeda, "Selective Listening Point Audio based on Blind Signal Separation and Stereophonic Technology, " IEICE Trans. on Fundamentals, vol.E92-D, no.3, Mar. 2009.
  3. Abdul Wahab, Chai Quek, Kazuya Takeda, Chin Tan, "DRIVING PROFILE MODELLING AND RECOGNITION BASED ON SOFT COMPUTING APPROACH, " IEEE Transactions on Neural Networks, Jan. 2009.

レター・テクニカルノート(Letters / Technical notes)

  1. Norihide Kitaoka, Takeshi Yamada, Satoru Tsuge, Chiyomi Miyajima, Kazumasa Yamamoto, Takanobu Nishiura, Masato Nakayama, Yuki Denda, Masakiyo Fujimoto, Tetsuya Takiguchi, Satoshi Tamura, Shigeki Matsuda, Tetsuji Ogawa, Shingo Kuroiwa, Kazuya Takeda, and Satoshi Nakamura, "CENSREC-1-C: An evaluation framework for voice activity detection under noisy environments," Acoustical Sience and Technology, vol.30, no.5, pp.363-371, Sept. 2009.

国際会議(International conference proceedings)

  1. Atsumi Naito, Chiyomi Miyajima, Takanori Nishino, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda, "Driver evaluation based on classification of rapid decelerating patterns," 2009 IEEE International Conference on Vehicular Electronics and Safety (ICVES 2009), pp.113-117, Nov. 2009. (Best Paper Award)
  2. Pongtep Angkititrakul, Ryuta Terashima, Toshihiro Wakita, Kazuya Takeda, Chiyomi Miyajima, and Tatsuya Suzuki, "Evaluation of driver-behavior models in real-world car-following task," 2009 IEEE International Conference on Vehicular Electronics and Safety (ICVES 2009), pp.118-123, Pune, India, Nov. 2009. [doi]
  3. Motoki OGASAWARA, Takanori NISHINO, Kazuya TAKEDA, "Blind source separation using dodecahedral microphone array for selective listening point audio, " in Proceedings of IWPASH 2009, Nov. 2009.
  4. Yasuko Morimoto, Takanori Nishino, Kazuya Takeda, "Analysis of measured head-related transfer functions based on spatio-temporal frequency characteristic, " in Proceedings of IWPASH2009, Nov. 2009.
  5. Lucas Malta, Akira Ozaki, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda, "A Multimedia Corpus of Driving Behaviors, " in Proceedings of MMSP09, pp.1-6, Oct. 2009. [doi] [機関リポジトリ]
  6. Tatsuya Kako, Yasunori Ohishi, Hirokazu Kameoka, Kunio Kashino, Kazuya Takeda, "Automatic Identification for Singing Style based on Sung Melodic Contour Characterized in Phase Plane, " in Proceedings of ISMIR 2009, pp.393-397, Oct. 2009.
  7. Hideomi Amata, Chiyomi Miyajima, Takanori Nishino, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda, "Prediction Model of Driving Behavior Based on Traffic Conditions and Driver Types, " in Proceedings of ITSC09, Oct. 2009.
  8. Motoki OGASAWARA, Takanori NISHINO, Kazuya TAKEDA, "Blind source separation based on acoustic pressure distribution and normalized relative phase using dodecahedral microphone array, " in Proceedings of EUSIPCO 2009, pp.1413-1417, Aug. 2009.
  9. Yasuko Morimoto, Takanori Nishino, Kazuya Takeda, "Analysis of head-related transfer functions based on spatio-temporal frequency characteristics, " AES TOKYO 2009, July 2009.
  10. Lucas Malta, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda, "Multimodal estimation of a driver’s spontaneous irritation, " IV2009, pp.573-577, June 2009.
  11. Yoshihiro Nishiwaki, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda, "STOCHASTIC MODELING OF VEHICLE TRAJECTORY DURING LANE-CHANGING, " in Proceedings of ICASSP2009, Apr. 2009.
  12. Lucas Malta, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda, "Multimodal real-world driving data collection and analysis, " 4th Biennial Workshop on Digital Signal Processing, June 2009.
  13. Yoshihiro Nishiwaki, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda, "A STOCHASTIC SIGNAL MODEL FOR PREDICTING THE VEHICLE TRAJECTORY AT LANE CHANGE, " 4th Biennial Workshop on Digital Signal Processing, June 2009.
  14. Yuji Kinoshita, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda, "Spoken dialog strategy based on understanding graph search," in Proceedings of IEEE International Conference on Acoustic Speech and Signal Processing (ICASSP 2009), pp.SLP-P2.3, Apr. 2009.
  15. Yoshihiro Nishiwaki, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda, "Stochastic modeling of vehicle trajectory during lane-changing," in Proceedings of IEEE International Conference on Acoustic Speech and Signal Processing (ICASSP 2009), pp.ITT-P2.8, Apr. 2009.

国内大会・研究会(Japanese conference proceedings)

  1. 原直, 北岡教英, 武田一哉, "音声対話システムの対話履歴N-gram を利用したユーザ満足度推定手法, " 情報処理学会研究報告, vol.2009-SLP-79, no.14, pp.1-6, Dec. 2009.
  2. 天田英臣, 宮島千代美, 西野隆典, 北岡教英, 武田一哉, "信号なし交差点における運転行動予測モデル, " 電子情報通信学会ソサエティ大会, A-17-5, Sept. 2009.
  3. 小笠原基, 西野隆典, 武田一哉, "多面体マイクロホンアレイによる伝播特性類似度評価関数を用いたブラインド音源信号分離, " 日本音響学会 2009年秋季研究発表会講演論文集, 3-Q-11, pp.761-764, Sept. 2009.
  4. 平賀悠介, 大石康智, 原直, 武田一哉, ”楽曲間の主観的類似度と音響的類似度との関連付けに関する検討”, 日本音響学会 2009年秋季研究発表会講演論文集, 3-5-5, pp.881-882, Sept. 2009.
  5. 加古達也, 大石康智, 亀岡弘和, 柏野邦夫, 武田一哉, "相平面確率モデルを用いた歌唱様式の自動分類に関する研究, " 日本音響学会 2009年秋季研究発表会講演論文集, 3-5-1, Sept. 2009.
  6. 森本泰子, 西野隆典, 武田一哉, "HRTF 測定座標系における時空間周波数特徴量の検討, " 日本音響学会2009年秋季研究発表会講演論文集, 3-Q-14, pp.825-826, Sept. 2009.
  7. 内藤充美, 宮島千代美, 武田一哉, "急減速時の加速度パターンの分類に基づくドライバの危険性の評価", 平成21年度電気関係学会東海支部連合大会, O-443, Sept. 2009.
  8. 畔柳雄一, 宮島千代美, 西野隆典, 北岡教英, 武田一哉, ”サポートベクターマシンを用いた車線変更の意図の予測”,  平成21年度電気関係学会東海支部連合大会, O-272, Sept. 2009.
  9. 内藤正志, 尾崎晃, 宮島千代美, 西野隆典, 北岡教英, 武田一哉, ”大規模実環境運転データベースのための閲覧・検索システムの開発”, 平成21年度電気関係学会東海支部連合大会, O-270, Sept. 2009. (奨励賞)
  10. 神谷泰平, 西野隆典, 北岡教英, 武田一哉, ”球形マイクロホンアレイを用いたブラインド音源分離”, 平成21年度電気関係学会東海支部連合大会, O-175, Sept. 2009. (奨励賞)
  11. 伊藤新, 原直, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉, ”複数音響モデ ルからの最適選択による音声認識”, 平成21年度電気関係学会東海支部連合大会,O-054,Sept. 2009.
  12. 平賀悠介, 大石康智, 武田一哉, ”主観評価に基づく楽曲間類似度算出モデル”, 情報処理学会研究報告, vol.2009-MUS-81, no.2, pp.1-6, July 2009.
  13. 加古達也, 大石康智, 亀岡弘和, 柏野邦夫, 武田一哉, "相平面に描かれるF0の動的変動成分を利用した歌唱様式の自動分類", 情報処理学会研究報告, vol.2009-MUS-81, no.2, pp.1-6, July 2009.
  14. 西脇由博, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉, "車線変更軌跡の確率的予測モデル, " 情報処理学会, vol.2009-ITS-37, no.8, pp.1-8, June 2009. (優秀論文; 平成22年度 山下記念研究賞
  15. 宮島千代美, 西脇由博, 武田一哉, 寺嶌立太, 脇田敏裕, "運転挙動の統計的予測モデル, " 2009年自動車技術会春季学術講演会前刷集, no.68-09, pp.23-26, (239-20095478), May 2009.
  16. 森本泰子, 西野隆典, 武田一哉, "両耳室内インパルス応答の時空間周波数特性を利用した残響成分の解析, " 電子情報通信学会 技術研究報告, vol.109, no.56, EA2009-4, pp.17-22, May 2009. (ポスター賞)
  17. 尾崎晃, 荻野恒太郎, 宮島千代美, 西野隆典, 北岡教英, 武田一哉, "実環境大規模運転データベースの構築と閲覧システムの開発, " 電子情報通信学会 技術報告, vol.A-17-22, Mar. 2009.
  18. 原直, 北岡教英, 武田一哉, "音声対話システムのユーザ満足度推論におけるネットワークモデルの構築と評価, " 日本音響学会2009年春季研究発表会講演論文集, 3-Q-22, pp.255-256, Mar. 2009.
  19. 木下裕司, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉, "理解状態グラフの探索による音声対話戦略," 日本音響学会2009年春季研究発表会講演論文集, 3-5-3, pp.101-104, Mar. 2009.
  20. 森本泰子, 西野隆典, 北岡教英, 武田一哉, "時空間周波数解析を用いたHRTFデータの比較, " 日本音響学会 2009年春季研究発表会講演論文集, Mar. 2009.
  21. 小笠原基, 石塚健太郎, 荒木章子, 藤本雅清, 中谷智広, 大塚和弘, "SN 比最大化ビームフォーマを用いたオンライン会議音声強調, " 日本音響学会 2009年春季研究発表会講演論文集, pp.695-698, Mar. 2009.

著書

BOOK CHAPTERS


講演・小特集・記事など

  1. 鹿野清宏, 武田一哉, 河原達也, 河原英紀, 猿渡洋, 徳田恵一, 李晃伸, 川波弘道, 西村竜一, GOMEZ Randy, 戸田智基, 西浦敬信, 高橋徹, 坂野秀樹, 全炳河, "ユーザ負担のない話者・環境適応性を実現する自然な音声対話処理技術の総合開発," 電子情報通信学会誌, (総合報告), vol.92, no.6, pp.475-491, June 2009. [CiNii]
  2. 大石康智,武田一哉,”歌声と話声はどう違うか? 人間の"声"を理解するコンピュータの実現を目指して”, DTM マガジン2009年3月号.

受賞

  • 2010年1月 神谷泰平 平成21年度電気関係学会東海支部連合大会 奨励賞 ”球形マイクロホンアレイを用いたブラインド音源分離” (2009年9月 発表)
  • 2010年1月 内藤正志 平成21年度電気関係学会東海支部連合大会 奨励賞 ”大規模実環境運転データベースのための閲覧・検索システムの開発” (2009年9月 発表)
  • 2009年12月 西脇由博 平成21年度情報処理学会ITS研究会 優秀論文 ”車線変更軌跡の確率的予測モデル” (2009年6月 SIG-ITS研究会) → 2011年3月 平成22年度 情報処理学会 山下記念研究賞
  • 2009年12月 小笠原基 日本音響学会東海支部 平成21年度優秀発表賞 ”正多面体マイクロホンアレイを用いた伝播特性クラスタリングによるブラインド音源信号分離'” (2009年8月 第13回東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会 総合1位)
  • 2009年12月 森本泰子 日本音響学会東海支部 平成21年度優秀発表賞 ”時空間周波数解析を用いた両耳伝達関数の分析” (2009年8月 第13回東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会 総合2位)
  • 2009年11月 内藤充美 2009 IEEE ICVES 2009 Best Paper Award "Driver evaluation based on classification of rapid decelerating patterns"
  • 2009年9月 森本泰子 日本音響学会 第22回ポスター賞 ”時空間周波数解析を用いたHRTFデータの 比 較” (2009年3月 日本音響学会ポスター発表)

学位論文(Bachelor's Thesis / Master's Thesis / Doctoral Dissertation)

  • 伊藤 新,"実環境収録音声データにおける話者依存モデル構築手法の検討",名古屋大学工学部 卒業論文,2009年3月(2008年度; 平成20年度)
  • 加古 達也,"相平面に描かれる歌声の音高軌跡に基づく歌唱様式の自動分類に関する研究",名古屋大学工学部 卒業論文,2009年3月(2008年度; 平成20年度)
  • 神谷 泰平,"球面上に設置したマイクロホンアレイを用いた音源分離",名古屋大学工学部 卒業論文,2009年3月(2008年度; 平成20年度)
  • 畔柳 雄一,"走行観測信号を用いた車線変更時間の予測",名古屋大学工学部 卒業論文,2009年3月(2008年度; 平成20年度)
  • 伊藤弘章,"確率モデルに基づく単一チャネル音源分離手法を用いた背景音楽抑圧に関する研究",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2009年3月(2008年度; 平成20年度)
  • 尾﨑晃,"実走行環境における自動車運転の収集・閲覧システムに関する研究",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2009年3月(2008年度; 平成20年度)
  • 小田高之,"頭部伝達関数の個人間類似度に基づくトランスオーラルシステムの設計",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2009年3月(2008年度; 平成20年度)
  • 木下 裕司,"理解状態グラフの探索に基づいた音声対話戦略",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),2009年3月(2008年度; 平成20年度)
  • 大石 康智,"多様な歌唱様式を予測・説明する歌声音響信号の分析合成モデルとその応用に関する研究",名古屋大学大学院情報科学研究科 博士論文,博士(情報科学),2009年3月 [機関リポジトリ]
    • 研究会推薦博士論文速報, 情報処理(情報処理学会会誌), vol.52, no.6, p.728, June 2011.