発表文献‎ > ‎

2008

論文誌(Journal / Transaction papers)

  1. 大石康智, 後藤真孝, 伊藤克亘, 武田一哉,"相平面に描かれる歌声の基本周波数軌跡:歌唱者の意図する音高目標値系列の 推定とハミング検索への応用", 情報処理学会論文誌, vol.49, no.11, pp.3789-3797, Nov. 2008.
  2. Tran HUY DAT, Kazuya TAKEDA, Fumitada ITAKURA, "Multichannel Speech Enhancement Based on Generalized Gamma Prior Distribution with Its Online Adaptive Estimation, " IEICE Transactions on Information and Systems, vol.E91-D, no.3, pp.439-447, Mar. 2008.

レター・テクニカルノート(Letters / Technical notes)

  1. Takashi Nakado, Takanori Nishino, Kazuya Takeda, "Head-Related Transfer Function measurement in sagittal and frontal coordinates, " Acoustical Science and Technology, vol.29, no.5, pp.335-337, Sept. 2008.
  2. 福嶋慶繁,丹羽健太,圓道知博,藤井俊彰,谷本正幸,西野隆典,武田一哉,"多視点・多聴点データ取得システムを用いた自由視聴点映像生成",電子情報通信学会論文誌, vol.J91-D, no.8, pp.2039-2041, Aug. 2008. (in Japanese)
  3. Madoka Takimoto, Takanori Nishino, Hiroyuki Hoshino, Kazuya Takeda, "Estimation of speaker and listener positions in a car using binaural signals, " Acoustical Science and Technology, vol.29, no.1, pp.110-112, Jan. 2008.

国際会議(International conference proceedings)

  1. Sunao Hara, Chiyomi Miyajima, Katsunobu Itou, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda, "Data collection and usability study of a PC-based speech application in various user environments, " in Proceedings of Oriental COCOSDA 2008, pp.39-44, Nov. 2008.
  2. Mehrdad Panahpour Tehrani, Kenta Niwa, Norishige Fukushima, Yasushi Hirano, Toshiaki Fujii, Masayuki Tanimoto, Kazuya Takeda, Kenji Mase, Akio Ishikawa, Shigeyuki Sakazawa, Atsushi Koike, "3D AV Integrated System Featuring Arbitrary Listening-Point And Viewpoint Generation," in Proceedings of IEEE 10th International Workshop on Multimedia Signal Processing (MMSP 2008), PID-213, pp. 855-860, Cairns, Australia, Oct. 2008. [doi(Best Paper Award)
  3. Madoka Miki, Chiyomi Miyajima, Takanori Nishino, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda, "An integrative recognition method for speech and gestures, " in Proceedings of ICMI2008, pp.93-96, Oct. 2008.
  4. Lucas Malta, Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda, "Multi-modal Estimation of a Driver's Affective State, " in Proceedings of AFFINE 2008, Oct. 2008.
  5. Ryoei TAKAHASHI, Yasunori OHISHI, Norihide Kitaoka, Kazuya TAKEDA, "Building and Combining Document and Music Spaces for Music Query-By-Webpage System, " in Proceedings of Interspeech 2008 , pp.2020-2023, Sept. 2008.
  6. Yasunori Ohishi, hirokazu Kameoka, Kunio Kashino, Kazuya TAKEDA, "Parameter Estimation Method of F0 Control Model for Singing Voices, " in Proceedings of Interspeech 2008 , pp.139-142, Sept. 2008.
  7. Yoshihiro NISHIWAKI, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Ryuta Terashima, Toshihiro Wakita, Kazuya Takeda, "Generating Lane-Change Trajectories of Individual Drivers, " in Proceedings of ICVES2008, Sept. 2008.
  8. Takashi Nakado, Takanori Nishino, Kazuya Takeda, "Measurements of head-related transfer function in sagittal and frontal coordinates, " in Proceedings of Acousitcs'08, July 2008.
  9. Hideomi Amata, Chiyomi Miyajima, Akira Ozaki, Takanori Nishino, Norihide Kitaoka、Kazuya Takeda, "Abrupt Steering Detection Based on the Road Construction Ordinance and Vehicle Acceleration Captured with Drive Recorders, " in Proceedings of ICICIC2008, June 2008.
  10. Lucas Malta, Pongtep Angkititrakul, Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda, "Multi-modal real-world driving data collection transcription and integration using Bayesian network, " in Proceedings of IV2008, June 2008.
  11. Takanori Nishino, Kazuya Takeda, "Binaural sound localization for untrained directions based on a Gaussian mixture model, " in Proceedings of EUSIPCO2008, Aug. 2008.
  12. Akira Ozaki, Sunao Hara, Takashi Kusakawa, Chiyomi Miyajima、Takanori Nishino, Norihide Kitaoka、 Katunobu Itou、Kazuya Takeda, "In-car Speech Data Collection along with Various Multimodal Signals, " in Proceedings of LREC2008, vol.P22-9, May 2008.
  13. Kenta Niwa, Takanori Nishino, Kazuya Takeda, "Encoding large array signals into 3D sound field representation for selective listening point audio based on blind source separation, " in Proceedings of ICASSP2008, pp.181-184, Mar.-Apr. 2008.

国内大会・研究会(Japanese conference proceedings)

  1. 伊藤 弘章, 西野隆典, 北岡教英, 武田一哉, "ベイジアンネットワークを用いた単一チャネル信号による背景音楽抑圧, " 情報処理学会 研究報告, 2008-SLP-74 (4), pp.19-24, Dec. 2008.
  2. 原直, 北岡教英, 武田一哉, "音声認識システムの満足度評価におけるユーザモデル, " 情報処理学会 研究報告, 2008-SLP-74 (11), vol.2008, no.123, pp.61-66, Dec. 2008.
  3. 木下裕司, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉, "理解状態のグラフ探索に基づいた音声対話戦略, " 電子情報通信学会 技術研究報告, NLC2008-19, vol. 108, no. 283, pp.1-6, Nov. 2008.
  4. 尾崎晃, ルーカスマルタ, 西脇由博, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉, "自動車運転行動のマルチモーダル信号コーパス, " 電子情報通信学会 技術研究報告, SP2008-76, vol.108, no.312, pp.33-38, Nov. 2008.
  5. 森本泰子, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉, "無線加速度センサを用いた頭部運動の計測", FIT2008(第7回情報科学技術フォーラム), RJ-003, 第3分冊, pp.37-40, Nov. 2008.
  6. 西脇由博, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉, "個人性を考慮した車線変更時の車両軌跡生成過程のモデル化, " 電子情報通信学会 技術研究報告, PRMU2008-92, vol.108, no.263, pp.25-30, Oct. 2008.
  7. 伊藤弘章, 西野隆典, 北岡教英, 武田一哉, "符号化された既知の楽曲が重畳した音声の雑音抑制手法に関する検討, " 日本音響学会 2008年秋季研究発表会講演論文集, 3-Q-7, pp.163-166, Sept. 2008.
  8. 小笠原基, 西野隆典, 武田一哉, "多面体マイクロホンアレイを用いたブラインド音源信号分離の検討, " 日本音響学会 2008年秋季研究発表会講演論文集, 3-P-34, pp.843-844, Sept. 2008.
  9. 大石 康智, 亀岡 弘和, 柏野 邦夫, 武田 一哉, "Convolutive HMMに基づく歌声の基本周波数制御モデルの提案とそのパラメータ最尤推定, " 日本音響学会 2008年秋季研究発表会講演論文集, 1-Q-25, pp.379-382, Sept. 2008.
  10. 王龍標, 中川聖一, 北岡教英, 甲斐充彦, "マルチチャンネルLMS アルゴリズムによるスペクトルサブトラクションとCMNに基づくブラインド残響除去, " 日本音響学会 2008年秋季研究発表会講演論文集, 3-Q-10, Sept. 2008.
  11. 小田高之, 西野隆典, 武田一哉, "スピーカ設置条件が異なるトランスオーラルシステムの音源方向定位の評価", 2008年電気関係学会東海支部連合大会, O-474, Sept. 2008. (連合大会奨励賞)
  12. 木​下​裕​司, 宮​島​千​代​美, 北​岡​教​英, 武​田​一​哉, "​検​索​タ​ス​ク​の​た​め​の​効​率​的​で​自​然​な​音​声​対​話​戦​略​", 2008年電気関係学会東海支部連合大会, O-252, Sept. 2008.
  13. 大石 康智, 亀岡 弘和, 柏野 邦夫, 武田 一哉, "畳み込みHMMに基づく歌声の基本周波数制御モデルの提案とそのパラメータ学習方法, " 情報処理学会研究報告, MUS-76-16, vol.2008, no.78, pp.89-96, Aug. 2008.
  14. 小笠原基, 西野隆典, 武田一哉, "正十二面体マイクロホンアレイを用いた周波数領域ICAのpermutation問題に対する解決策の検討, " 電子情報通信学会技術研究報告[応用音響], vol.108, no.143, EA2008, pp.37-44, July 2008.
  15. 伊藤弘章, 大石康智, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉, "ベイジアンネットワークを用いたバイナリマスキングに基づく音源分離, " 情報処理学会 研究報告, SLP-72-10, vol.2008, no.68, pp.51-56, July 2008.
  16. 天田英臣, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉, "車載ドライブレコーダで収録された左右加速度に基づく急ハンドル操作の推定, " 電子情報通信学会 2008年総合大会, A-17-7, Mar. 2008.
  17. 鵜飼拡基, 宮島千代美, 武田一哉, 及川雅人, 北村憲康, "ドライブレコーダで収録した車両加速度を用いた運転特性の認識, " 電子情報通信学会 2008年総合大会, A-17-6, Mar. 2008.
  18. 大石康智, 後藤真孝, 伊藤克亘, 武田一哉, "相平面を利用した歌声のF0軌跡の新しい表現方法, " 電子情報通信学会 2008年総合大会, AS-5-2, pp.S51-52, Mar. 2008.
  19. 尾崎晃, 草川高志, 宮島千代美, 西野隆典, 北岡教英, 武田一哉, "運転データ同期収録車両の開発と実走行環境における計測, " 電子情報通信学会 2008年総合大会, A-17-5, Mar. 2008.
  20. 坂井誠, 北岡教英, 服部佑哉, 中川聖一, 武田一哉, "判別分析に基づく音響特徴と識別学習の組み合わせによる単語音声認識, " 日本音響学会 2008年春季研究発表会講演論文集, 1-Q-16, pp.193-194, Mar. 2008.
  21. 西浦敬信、中山雅人、傳田遊亀, 北岡教英、山本一公、 山田武志, 藤本雅清、柘植覚、宮島千代美, 滝口哲也、田村哲嗣、小川哲司, 松田繁樹、黒岩眞吾、武田一哉、 中村哲, "残響下音声認識評価基盤(CENSREC-4)の構築, " 日本音響学会 2008年春季研究発表会講演論文集, 1-Q-10, pp.175-176, Mar. 2008.
  22. 中堂敬司, 西野隆典, 武田一哉, "矢状面前額面座標系HRTF データベースの構築, " 日本音響学会 2008年春季研究発表会講演論文集, 3-P-17, pp.pp. 877-878, Mar. 2008.
  23. 丹羽健太, 西野隆典, 武田一哉, "自由視点TVにおける受聴位置選択型オーディオのための音響空間の符号化法, " 日本音響学会 2008年春季研究発表会講演論文集, 1-P-23, pp.805-806, Mar. 2008. (ポスター賞)
  24. 丹羽健太, 西野隆典, 武田一哉, "受聴位置選択型音場再現のためのブラインド音源分離を用いた多マイクロホンアレー信号の符号化," 電子情報通信学会 技術研究報告, EA2007-120, vol.107, no.532, pp.49-54, Mar. 2008.
  25. 早川精英, 西野隆典, 武田一哉, "頭部近傍におけるHRTFの距離依存特性に関する検討, " 電子情報通信学会 技術研究報告, EA2007-119, vol.107, no.532, pp.43-48, Mar. 2008.
  26. 原直, 宮島千代美, 北岡教英, 伊藤克亘, 武田一哉, "ベイジアンネットワークを用いた楽曲検索音声対話データの分析, " 日本音響学会 2008年春季研究発表会講演論文集, 1-10-15, pp.47-48, Mar. 2008.
  27. 原直, 宮島千代美, 伊藤克亘, 北岡教英, 武田一哉, "多様な利用環境における楽曲検索音声対話システムのフィールドテストと評価, " 情報処理学会 第70回全国大会 講演論文集, vol.5, no.3L-4, pp.341-342, Mar. 2008.
  28. 三木まどか, 宮島千代美, 西野隆典, 北岡教英, 武田一哉, "動作を伴う発話の収集とその認識, " 情報処理学会 研究報告, SLP-70-17, MUS-74-17, vol.2008, no.12, pp.95-100, Feb. 2008.
  29. 杉本夏樹, 矢野浩利, 北岡教英, 中川聖一, "誤認識に対処した自然で効率的な音声対話戦略の評価, " 情報処理学会 研究報告, SLP-70-32, MUS-74-17, vol.2008, no.12, pp.181-186, Feb. 2008.

著書

  1. Kazuya Takeda, Hakan Erdogan, John H. L. Hansen, Huseyin Abut eds., "In-Vehicle Corpus and Signal Processing for Driver Behavior," Springer, ISBN 978-1-4419-4640-9, Dec. 2008. (c.f. Hardcover, ISBN 978-0-387-79581-2, Feb. 2009.)

BOOK CHAPTERS

  1. Chiyomi Miyajima, Takashi Kusakawa, Takanori Nishino, Norihide Kitaoka, Katsunobu Itou, Kazuya Takeda, "On-Going Data Collection of Driving Behavior Signals," In-Vehicle Corpus and Signal Processing for Driver Behavior, K. Takeda, H. Erdogan, J.H.L. Hansen, H. Abut eds., pp.45-54, Springer, ISBN 978-1-4419-4640-9, Dec. 2008.

講演・小特集・記事など

  1. 鹿野清宏,河原達也,猿渡洋,武田 一哉,河原英紀,徳田恵一,西浦敬信,李晃伸,"人にやさしい音声インタフェース",情報処理(情報処理学会誌), vol.49, no.11, pp.1297-1301, Nov. 2008.

受賞

  • 2008年10月 M.P. Tehrani (K. Niwa, K. Takeda) Best Paper Award on IEEE 2008 International Workshop on Multimedia Signal Processing  "3D AV Integrated System Featuring Arbitrary Listening-Point And Viewpoint Generation"
  • 2008年10月 大石康智 平成20年度 山下記念研究賞  "歌声の旋律と動的変動を特徴付けるための確率的な表現手法に関する検討" (2007-MUS-71, Aug. 2007)
  • 2008年9月 小田高之 電気関係東海支部 連合大会奨励賞  "スピーカ設置条件が異なるトランスオーラルシステムの音源方向定位の評価"
  • 2008年5月 丹羽健太 日本音響学会 平成19年春季研究発表会 ポスター賞  "自由視点TVにおける受聴位置選択型オーディオのための音響空間の符号化法"

学位論文(Bachelor's Thesis / Master's Thesis / Doctoral Dissertation)

  • 星野 博之,"車内における音環境評価と聴覚インタフェースに関する研究",名古屋大学大学院情報科学研究科 博士論文,博士(情報科学),2008年3月
  • 磯部 俊洋,"音声認識における正規化法に関する研究",名古屋大学大学院情報科学研究科 博士論文,博士(情報科学),2008年3月
  • 小川 厚徳,"音声認識システムの実用化のための音声認識エンジンの高度化に関する研究",名古屋大学大学院情報科学研究科 博士論文,博士(情報科学),2008年3月