研究紹介‎ > ‎

音楽情報処理

音楽班メンバー

三好 真人(D2)



竹中 雄耶(M1)



過去の研究内容

相平面確率モデルを用いた歌唱のモデル化


歌声の音高とその一階微分により歌唱スタイルをモデル化する研究.



個人性を考慮した楽曲間主観的類似度の推定


ある楽曲とある楽曲が人間が似ていると感じるかどうかを音響的な特徴と,聴き手の個人性から説明付ける研究.実際に人間が楽曲を聴き比べ,評価したデータを収集することで,その結果をうまく予測できるような主観的類似度の推定手法について検討を行う.

>>収集したデータの公開サイトはこちら


合唱歌唱のモデル化


合唱の歌唱における,他者の歌声の影響をバネモデルにより表現する.